四万十川桜マラソンの季節

  • 2019.03.29 Friday
  • 16:08

3/31に四万十町で、
「第11回四万十川桜マラソン」が開催されます。

 

 

ちかごろめっきり暖かくなってきたので、
「そろそろ桜もいい感じじゃないかな?」
と思いまして開花はどんなもんかと調べてきました。

 

四万十川沿いの桜

四万十川沿いの桜

四万十川沿いの桜

四万十川沿いの桜

 


ここ数年はマラソン開催日までに雨が降ったり
風が強かった関係で当日までに桜が
散ってしまうということが
続いていたのですが、今回は間違いなく
桜マラソンにふさわしい景色になりそうです。


ランナーの皆様はケガのないよう
気を付けて四万十川と桜を
楽しんでください!!
 

高知家のうまいもの大賞 入賞しました!!

  • 2019.02.22 Friday
  • 17:12

平成30年12月13日(木)に「高知家のうまいもの大賞2019」の最終審査会が行われ、受賞商品が決定しました。

 

 

 

四万十ノ(株) はこの高知家のうまいもの大賞2019にて「入賞」をいたしました!!

 

→そのほかの受賞の様子は高知県庁のHPをどうぞ

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/120901/2018121300167.html

 

 

 

 

高知県は「じゃらん」の調査で、グルメがおいしい
都道府県ランキングで第1位は高知県だそうです。


そう、おいしいものがあるイメージの北海道をはじめとした
都道府県をおさえて、堂々の一位。


それだけ旅行者の間ではおいしいものの満足度が
高かったことがうかがえますね。


さて、そんな高知県ですがじつは全国的な知名度自体はそこまで高くない。。。

そこで、この高知家のうまいもの大賞は今年で開催が3年目になるのですが
高知県のおいしいものをもっと打ち出していこう!!という高知県の想いから
開催されている大会です。


そこで高知県内73事業者から122商品の応募から審査を勝ち進みまして、
めでたく「入賞」をいただいた次第です。

 

 

 


受賞したのは

四万十ノ 黒糖ジンジャーシロップ

http://shimantono.jp/?pid=139870490

 

 

材料に使っているのは

無農薬で栽培された生姜

県内産のこだわりの黒糖

 


南国高知で奇跡の出会いを果たした
これらの原材料で作られているのですが、
その原材料へのこだわり・仕上がった黒糖のコクと
生姜の爽やかな辛さが奏でるハーモニーが
評価されたようで、大変うれしかったです。

 

 

こだわりの材料で作っておりますので、作れる数量が

大変限られてしまいますので、お早めに手に取ってくださいね。

http://shimantono.jp/?pid=139870490

 

梅の花が咲くころに

  • 2019.02.22 Friday
  • 15:43

山間の四万十町では南国高知の雰囲気はひっそりと息をひそめ、朝起きたら外の気温がマイナスなんて寒さの時もざらです。

 

 

そんな厳しい四万十の冬ですが、2月も終わりに差し掛かって少しずつ気温が緩んできました。

 

 

 

それと同時にスギとヒノキの山に囲まれたところで暮らす私たちにはとてもつらい季節が訪れようとしています。

 

 

そう、、、

 

 

花粉症の季節です。

 

 

先日雨が降り、翌日の晴れた日には会社内ではくしゃみ大会が開催されました。

 

 

今年は全国的に花粉が多い年となるようですが、四万十でもどうやら花粉の季節が始まってしまった模様ですね。

 

会社内でスタッフ一同くしゃみをしながら、

 

「やはり原始的でも効果抜群なマスクは手放せんね」

 

「腰いわす前に花粉の季節終わるとええね」

 

と確認しあったことでした。。。

 

 

 

 

そんなつらさを運んできた春の足音ですが、私の家の庭では盛大に梅が咲いてくれています。

 

梅の花

 

 

 

 

 

 

 

 

この家に住み始めてから3年が経ちますが、少しずつ手入れや枝の剪定をしたおかげで今年も綺麗に咲いてくれました。

 

 

 

梅の花アップ

 

 

 

 

 

「ぼんやりときれいな梅を眺めてる間に花粉症の季節がいつの間にか終わってくれたらいいのになぁ。」

 

 

 

 

 

四万十の秋。 香よし、青柚子。

  • 2017.09.28 Thursday
  • 10:09

四万十町の秋は「新米」の季節。

そして、忘れてはいけないのが「青柚子」です。

 

高知の柚子と言えば「馬路村」や「北川村」が有名ですが、

四万十町も柚子がたくさんあります。

・・・ といっても、出荷用として栽培している農家さんは少なく、

多くは自家用として畑や山に植えている感じです。

 

が、侮ることなかれ。

この数が半端ない、収穫時期ともなれば農協の集荷場にたくさん集まります。

でも、四万十町にはこれを加工する施設はありません。

いったい、何処に行っているのでしょうか???

 

こんなにいいものがあるのにどうして四万十町産でできないの?

 

そう考えた四万十ノでは柚子畑の管理をお願いして自社で販売しています。

柚子には鋭いトゲがたくさんあります。皮の手袋は必須です。

 

今までは搾汁して「柚子果汁」としてだけ販売していましたが、

今年からはご要望により「青柚子」も少しだけ出荷しています。

農薬は使っていないので「器量はわるい」ですが・・・

なるべく傷の少ない柚子を選んで必要な分だけ収穫しています。

 

薄くスライスして炭酸やお酒にいれたり、皮の部分はお吸い物や酢の物、焼き魚にやっこにじゃこと

何でも使いまくります。 ほろ苦さと爽やかな香りが料理を盛りたてます。

柚子味噌や柚子こしょうに加工して、酒の肴、ご飯のお友しても大活躍!!

 

四万十に秋が来たなぁ〜・・・いい季節や♡

と、しみじみ感じさせてくれます。

 

11月、黄色く色づいて果汁をたっぷり蓄えたころに本格的に収穫します。

12月にはしぼりたての柚子果汁をみなさまにお届けできる予定です。

 

    「四万十ノ柚子果汁」をお楽しみに〜♪

四万十の秋。新米の季節です!

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 18:15

朝晩、めっきり涼しくなりましたね。

 

秋めいて来たのはいいけれど、天候が不安定です。

四万十町では稲刈りがはじまり、農家さんはお天気と相談しながら刈り取りに追われています。

黄金色に輝く田んぼの畦には彼岸花の赤が美しく彩りを添えています。

 

この日もチョット曇り空・・・

でもね、そう! もうすぐ、新米を食べれます!

新米♪ 新米♪ 仁井田米♪ モチモチふっくら仁井田米♪

お米がおいしいとおかずはシンプルでいいんです

 

塩むすび 最高!! 

おいしい漬けものがあればなお最高!!

 

我が家の稲刈りは今週末の予定。

どうぞ、お天気でありますように・・・。

 

四万十町のお米は仁井田米と呼ばれています。

香米(かおりまい)(におい米とも言います)を混ぜて炊くと独特の香りがたつのですが

この香は県外の方にはなじみが薄いようで、「くさい」と嫌がられることも・・・(^_^;)

 

ここ最近では「仁井田米」の知名度も徐々にあがって、全国にファンもたくさん増えました。

ふるさと納税ではお礼の品として大人気です!!!

くさい」は美味しいお米の「いいにおい」に変わりつつあります。

 

私たち四万十町民はこの香が美味しいご飯の証。

炊飯器から湯気が立ち始めると部屋中に漂う独特の香ばしいかおりが「もうすぐご飯がたけるよ!」の合図。

おなかも急速にすいてきます。

炊きたてのごはんは何杯でもお変わりできそうで・・・キケン(笑)食べすぎ注意です!

 

もっともっと、仁井田米のおいしさを知ってもらいたいですね!

 

四万十ノからお届けするお米も10月からは新米となります。

みんさん、おいしい仁井田米をたくさん食べてください!!